Site Loader

リビングには調光タイプを使う

家族が集まる場所としてリビングがあり、それぞれの家庭で使い方も変わるかもしれません。テレビや音楽を聞くなど比較的リラックスした過ごし方をするときもあれば、子供が勉強をしたり大人が仕事をするのに使うときもあるでしょう。一般的な照明器具は最初に電球色や昼白色などを選んでしまうとその色の照明しか使えませんでしたが、LED照明の中には調光機能が付いているものがあります。調光機能は電球色や昼白色などの色を変えたり明るさの調節が可能で、その時の利用に合った光を選べます。リラックスするときなら電球色で暗めの照明がいいでしょうし、勉強や仕事などの作業をするときには昼白色などで明るめの照明がいいかも知れません。用途が多彩になるリビングなら調光タイプが良いと言えそうです。

トイレや廊下は人感センサー付きを選ぶ

リビングや子供部屋などは一度照明をつけると点け続けるケースが多いでしょう。一方トイレや廊下は利用するときだけ一時的に照明を点け、利用が終われば消さなければいけません。でも消し忘れてしまうときもあり誰もいないのに点けっぱなしになっていると電気の無駄遣いになります。もちろん電気代も余計にかかるでしょう。このときに使いたいLED照明として人感センサー付きがあります。照明器具に人の体温などを感知するセンサーが付いていて、照明器具の下に人がいるときは自動的に電気を点けてくれ人がいなくなれば自動的に電気が消えます。これによって利用するたびに点けたり消したりが必要なくなりますし、消し忘れも無くなるので電気の無駄遣いを減らせるようになるでしょう。

LEDライトパネルの見た目はパソコンの画面に近いくっきりした明るさで、蛍光灯と比べて消費電力も少ないです。