Site Loader

女性器整形の方法と種類

女性のデリケートな部分である女性器は、コンプレックスを持っていてもなかなか言い出しにくいものです。しかし、自分で改善できるものではないためそんなコンプレックスを改善したいという場合には、女性器を整形する必要があります。

女性器整形の方法を大きく分けると、小陰唇と大陰唇などの形を整える手術を行うのが一般的です。

膣縮小は膣が緩んでいるのを締まりを良くする手術で、筋肉を縫合することによって締まりを良くすることができます。

小陰唇形成術は、大陰唇よりもはみ出している部分を切除したりする手術で、大陰唇縮小は大きさを希望通りに整える方法などがあります。

他にも、脂肪注入やヒアルロン酸注入によってふっくらさえたりするなどデザインを整えることも可能です。

整形するメリットとデメリット

女性器を整形するメリットは、コンプレックスを改善できるという意味が大きいです。女性器のコンプレックスは自力では解消できず、性行為への不安につながるケースもよくあります。

また、ニオイなどのトラブルを改善することにもつながります。

ただし、デメリットもあるため注意が必要です。大きなデメリットとなるのが、デリケートな部分を手術する恐怖という点が挙げられます。医師とはいえデリケートな部分を診察して、手術する必要があるため勇気が必要です。また、保険が適応されていないため、治療費は高くなる傾向もまります。

女性器整形は小陰唇や大陰唇だけではなく、膣などの悩みも改善できる治療方法ですので、自分にあった美容形成外科などを探すことが大切です。

女性器整形とは、小陰唇の大きさや色や左右差が気になる方が、小陰唇を小さくしたり、自然な仕上がりにすることです。