Site Loader

組織に準ずるのがフランチャイズ

フランチャイズという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。これは大手コンビニチェーンが該当します。具体的にフランチャイズは加盟店が事業の本部と契約を行う運営をするもので個人営業のお店とは大きく違うのが特徴です。基本的に組織がサポートするもので本部の持つ看板や商品といったビジネスモデルを使えるため、開業したときから手厚い内容で運営できるのがメリットといえます。
希望者は加盟店を募集している会社の説明会に行き内容を聞く、そこで納得ができれば契約を行うのが特徴です。会社により違いがありますが希望者は少ない自己資金でお店を経営できます。売上が出れば組織にいくらかのロイヤリティを支払い現在の契約状態を維持するかたちです。アメリカで生まれた形態で元はファストフード店で使われていました。現在は小売業者も採用されているものでコインランドリーといった商売でも使われている画期的なものです。

個人経営よりもハードルが低い

個人経営をするときには自分で店舗取得をする必要があり、商品の仕入れから広告までも自分で用意しなければなりません。また雇用までトータルで行うので結構たいへんと言えるでしょう。一方フランチャイズは本部がすべて行ってくれるのでハードルが低めです。社員教育までカバーするため、余計な手間がかからず素早く開業できます。
通常小売業者が商品を仕入れるときには問屋を利用するのが一般的ですが、フランチャイズは自社で仕入れを行うためすでにパイプが整っているのが特徴です。また自社で開発したプライベート商品を扱えるのがメリットなので他店に差をつけられるのが強みと言えます。

独立と検索するとフランチャイズ募集の記事を目にします。フランチャイズとは現在存在している会社の商品や経営のノウハウを使い、その対価としてロイヤリティを支払う制度です。未経験の方にオススメの制度です。