Site Loader

発電時に二酸化炭素などを排出しない

火力発電では石炭などを燃やす必要があります。その時に発生する蒸気を使って発電を行います。電気はできるものの二酸化炭素などの排出があり、自然環境にとって必ずしも良いとは言えません。その他にもいろいろと電気を作る仕組みがあり、太陽光発電は家庭や大手会社などが大規模に行っていたりします。発電に関して使うのは太陽光のエネルギーです。パネル部分に太陽光をエネルギーに変える物質があり、その反応が続いて発電をしてくれます。電気を作るときに二酸化炭素などの有害物質の排出はないので、クリーンな発電の仕組みと言えます。家庭でも簡単に取り付けられるので自家発電をしてその電気を生活に使えます。多くの人が利用すればより環境に良い状態になるでしょう。

蓄電できれば夜などにも使える

太陽光発電は太陽光の光を利用して発電をするので、太陽光がさんさんと降り注ぐ状態だとどんどん発電ができます。晴れた日の日中であれば、家中の電気を太陽光発電で賄えるかもしれません。では太陽光が出ていないときはどうなるかです。雨や曇りの時は昼間でも日差しがなく、夜になれば太陽光は一切ありません。残念ながら太陽光がなかったり弱かったりすると一切発電されないのです。平日の日中に自宅にいない人などは、昼間に発電ができてもそれを使い切れない可能性もあるでしょう。しかし、まだ性能は良くないものの蓄電システムが充実してくる可能性があります。太陽光が出ているときに発電をしてそれを蓄電し、太陽光が出ていないときに使えるため、より有効に太陽光発電の電気が使えるようになるのです。

太陽光発電を名古屋で行う場合には、信頼できる業者に設置を依頼しましょう。愛知は全国的に日照時間が長い傾向にありますが、設置方向などにより発電量が変わってきますので、そのような点にも気を付けましょう。