Site Loader

酸洗いは金属製品の加工工程には必要不可欠な作業

酸洗いは別名、酸洗処理とも呼ばれており、酸を用いて主に金属を洗浄する事を指します。酸洗いの目的は金属素材表面にある酸化皮膜を除去する事です。酸洗いで使用される酸として代表的なのは、主に硫酸や塩酸です。酸洗いには、金属製品の研磨作業にかける時間を大幅に短縮してくれるといたメリットがあります。さらに酸洗いは、サビなどを剥ぐように落としてくれるので製品の品質に問題を生じさせないメリットもあると言えます。

酸洗いは金属製品を加工する際には必要不可欠な工程と言えます。もし酸洗いの作業をしないと、サビなどによる製品不良発生のリスクが高まってしまいます。そのため、研磨作業やコーティングなどの下処理の代わりとして酸洗いが用いられているケースもあります。また中には酸洗いをした後、水で洗浄してそのまま製品として出荷する企業も少なくありません。

十分な安全対策をした上で酸洗いをする必要がある!

酸洗いは、洗う金属の種類に応じて酸の種類や混合比が変わってくるので、酸の濃度や洗浄時間などを細かく調整する必要があります。それらを正確に調整する事で酸洗いの効力が最大限に発揮されると言えます。酸洗いは一見すると簡単な作業に見えがちですが、実は高度な技術が必要な作業と言えます。金属製品に使われている素材を見極めてそれに対応した酸洗い作業をしていかなくてはならないからです。一方、酸洗いは、硫酸や塩酸など危険性のある薬剤を扱うため、十分な安全対策を講じる必要があります。また、酸洗いする際は、きちんと排水処理を行う事も大切です。

酸洗いは金属の加工工程で付着する汚れや不純物などの除去・洗浄や塗装の際に密着向上のための下地処理を目的としています。またステンレス製品に被膜加工をし錆に強い状態を保つ工法です。