Site Loader

授業毎の予約をしなくても授業が受けられる

普通高校であれば学校側がカリキュラムを決めてくれるところが多く、大学では学生が自由に授業を登録して受けられます。年の始めや学期の始めに決めればそのスケジュール通り授業を受けられるので、後は決まった曜日や時間に登校するだけで授業を受けられます。通学型の自動車教習所は自分で次に受ける授業の予約をしなければならず、一般的な学校のように事前にスケジュールが決められていません。非常に面倒ですし時には受けたい時間が満席状態で予約ができないときもあるようです。合宿免許では入学すると基本的には生徒側が授業の予約をしたりせず、学校側が決めたスケージュールをこなしていきます。予約の面倒さもないですし、受けたいときに受けられないなどもありません。

自動車に慣れていない人に最適な教習

身近な乗り物として自転車がありますが、初めて乗るときはなかなか慣れないでしょう。前に進むかどうかだけでなく車輛の大きさが分からないときもあり、慣れるまではぶつかったりこけそうになるときもあります。自動車となると自転車よりもはるかに大きく縦幅も横幅も長くなり、最初からすいすい運転できる人はいないかもしれません。そんな時に利用すると良いのが合宿免許で、集中的に教習が受けられるのがメリットになるでしょう。通学タイプは1日に受けられる授業が決まっていて、授業と授業の間の日数が空くときもあるでしょう。せっかく慣れてもすぐに感覚を忘れるかもしれません。合宿免許は1日に数時間教習が受けられるときもありどんどん車に慣れるのでスムーズに検定を突破できるでしょう。

合宿免許とは、教習所や施設などに泊り込んで免許の講習を受けることです。短期間で免許を取得でき、費用を抑えられるなどのメリットがあります。